イベント案内
ガイドブック
建築まちあるき
アーキウォークとは
お問合せ
旧広島陸軍被服支廠倉庫
[見、知り、訪れ、想い、語る。]
建物見学会+シンポジウム


見学会フライヤー
(PDF 2MB)
1 建物見学会
■開催日程: 2020年1月11日(土)・12日(日)・13日(祝)
■開催時間: 3日間とも [第1回] 11:00-11:50 [第2回] 13:00-13:50
■集合場所: 翠町第二公園(広島市南区翠3-4-1)[map]
■参 加 費: 無料(事前申込不要)
■主  催: アーキウォーク広島
■ご 注 意: 敷地内は立入禁止になっているため外観を見るのみとなります。駐車場・駐輪場はありません。

2 シンポジウム
■開催日時: 2020年2月8日(土) 13:30-15:30
■会  場: 広島県立美術館地下講堂(広島市中区上幟町2-22)
■登 壇 者: 未定
■定  員: 200名(事前申込不要)
■参 加 費: 無料
■主  催: アーキウォーク広島


開催趣旨

現存する最大の被爆建物である旧広島陸軍被服支廠倉庫について、既に報道されているように、3棟を所有する広島県が2棟を解体する方針を出しました。アーキウォーク広島は以前からこの建物に関心を持っており、学術調査のアレンジ、一般向け見学会やシンポジウムの開催、冊子の作成など、様々な活動を行ってきました。それだけに今回の事態を残念に思うとともに、多くの方にこの建物を知って頂く活動が足りなかったと反省しています。

広島県ではこの問題について一般の意見を募集するパブリックコメントを実施しています(1月16日まで)。ホームページからも簡単に提出できますので、ご関心のある方はぜひ提出をお願いします。
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/13/hihukusisyou.html

あわせて、被服支廠の建物を見たことがない、見たことがあるけどなぜ大切なのか分からない、という方もまだまだ多いのではと感じており、1月11・12・13日の3日間で急きょ見学会を開催いたします。敷地内は立入禁止となっているため、外観を見るだけにはなりますが、参加無料・申込不要ですので、こちらもぜひお越しください。

また、この問題に関するシンポジウムを2月8日に開催いたします。詳細は決まりしだい発表いたします。

<旧広島陸軍被服支廠倉庫(ひふくししょうそうこ)>
旧陸軍の軍服・軍靴等の貯蔵を目的に1913年に建てられた、4棟の赤レンガ倉庫群です。広島に現存する旧陸軍関係の遺構としては最大のものとなります。被爆時には、爆心地から距離があったこともあり倒壊は免れましたが、押し寄せる負傷者を収容する臨時救護所となり、その悲惨な状況は詩人峠三吉の文章などに残されています。
建築としての注目点は、レンガと鉄筋コンクリートの併用構造という大変珍しい形式である点、結果的にレトロな外観とモダンな室内が同居する空間構成、そして全国的にも現存例の少ない軍需工場の遺構という点があげられます。
戦後は様々な用途に使われ、1990年代までは民間企業が使用していましたが、現在は空き家となっています。




【旧陸軍被服支廠関係】
旧陸軍被服支廠倉庫 再生イメージ(活用案)の作成
2016年度プロジェクト「旧陸軍被服支廠倉庫〜見、知り、訪れ、想う。〜」
建築まちあるき「旧陸軍被服支廠倉庫」
2016年度シンポジウム

COPYRIGHT © アーキウォーク広島 2010 ALL RIGHTS RESERVED.